機能一覧

機能名 概要説明
院内ポータル メインメニューの他に院内の各種情報やユーザーへの通知などを確認します
電子カルテ 時系列でのカルテの作成や管理をします。(1カルテごとに追記履歴をすべて記録します)
外来オーダー 処方・注射・検査・X線・処置・リハなどのオーダーを発行します
入院オーダー 定期処方(注射)箋の個別・一括発行や食事箋の発行など
指示状況 各部門にて現在のオーダーの発行状況を画面で確認します
院内トーク(SNS) 院内のコミニュケーションツールとしてスタッフの情報共有に利用できます
入院状況 各病棟ごとの入退院状況や空床状況などをリアルタイムに管理します
病歴管理 病歴を時系列に管理します(医事システムとの連動可)
医事連動 医事会計システムと接続して、マスタや診療情報などを連動します。
指示簿 入院患者のオーダー履歴をカレンダー形式で時系列に管理できます。
受付管理 外来患者の受付状況を管理します。
文書管理 紹介状や診断書などの定型文書の作成を支援します。(※別途 Microsoft Officeが必要になります)
画像管理 X線など汎用画像(JPEG)の管理機能を標準搭載し、PACSビューワ連携も可能。(※PACSなどの連携はオプション対応します)
検査データ管理 検査結果(時系列/グラフ)の参照や検査依頼データ管理など。(※データ連携は別途カスタマイズの必要あり)
予約管理 診察や検査などの予約情報を管理します
検温管理 入院患者の検温(バイタル)データを管理します。
ラベル発行 カルテ貼付用の処方ラベルや検体・点滴ラベルなどを発行します。(※別途ラベルプリンタの導入必要あり)
リハビリ管理 リハビリの予定や実施データを管理します(医事システムとの連動可)

システムの動作環境

項目 説明
ブラウザ Google Chrome
OS Microsoft Windows7・8.1・10  ※各日本語OSの64ビット版(x64)、32ビット版(x86) に対応しています。Apple iOS 10以降 (iPad)
対応機種 Google Chromeブラウザが動作する端末(Windows及びiPad) (※メモリ:windowsの場合は4GB以上を推奨します)
必要なソフトウェア Google Chrome 及び Adobe Acrobat Readerがインストールされている必要があります。

Windowsの場合はNET Framework 4 以降がインストールされている必要があります。

(※windowsにはAHIS連携アプリというソフトを各端末にセットアップします)

モニタ・解像度 フルHD(1920×1080)以上の解像度に対応したワイドモニタを推奨します。

※ノートPCなど解像度が低い場合でもブラウザのスクロール機能を利用して動作させることはできます。

連動する医事会計 日医標準レセプト「ORCA」または、日立ヘルスケアシステムズ(株)「DOCTOR-SEED」
プリンタ レーサープリンタまたはインクジェットプリンタ
ネット回線 フレッツ光などの光回線を推奨します。(※固定IPによる接続必須)