過去カルテ1画面に
必要な情報を集約

受付ステータスを常に確認しながら診療できます

過去カルテを開くと、患者情報・属性、過去カルテ(診療履歴)、
受付ステータスなど必要な情報に瞬時にアクセスできます。

患者情報と基本属性
画面上部に見やすく配置

患者情報(氏名や生年月日や特記事項など)と合わせて、患者ごとの禁忌やアレルギーなど注意事項に関して患者属性として自由に設定することができ、常に過去カルテの上部に見やすく表示されます。
また付箋や常用薬・禁忌薬なども登録でき、医師を含む各スタッフ間で患者情報を確実に共有することができます。

ポイント

禁忌やアレルギーなど属性として自由に設定できます

患者属性は過去カルテの右上に必ず表示されますので、カルテを開くだけで禁忌やアレルギーやその他の注意事項などを一目で確認できます。
また属性はマスタとして自由に設定でき、医師を始めスタッフ誰でも簡単に入力できます。

過去カルテは2号カルテか
診療履歴から切替えできます

科別や分類別に時系列で参照する場合は診療履歴を選択することで、カルテはもとより検査結果や予約、文書の作成履歴など過去の履歴を1画面でスクロールするだけで確認できます。
また、2号カルテを選択すると、使い慣れた2号用紙のレイアウトでカルテを時系列に参照できます。

ポイント

カルテや検査結果などを診療履歴として時系列にまとめて参照できます

従来形式の2号カルテに加えて、診療履歴として過去カルテや検査結果など患者ごとにまとめて時系列に表示でき、スクロールするだけでスムーズに参照できます。
また「だれが・いつ・どこから」といったカルテの記載ログは、1カルテごとに追記内容まで遡っていつでも確認できますので、旧厚生省が定めた電子カルテの3原則 「真正性・見読性・保存性」に対応しています。

カルテの記載履歴や病名など
一覧で簡単に確認できます

カルテの記載履歴や指示履歴などを一覧リストの形式で確認でき、日付のリンク箇所をクリックするだけで該当のカルテを追記できます。

外来の受付ステータス
過去カルテの画面内に表示されます

今現在の待ち患者など受付ステータスがリアルタイムで更新され、これから診察を開始する患者を一覧から選択するだけで該当患者のカルテが表示されます。
また診察待ち・投薬のみ・検査・X線など分類ごとに表示されますので、画面を切り替えたりすることなくカルテ画面だけで診察ステータスがすぐ確認できます。

ポイント

診察医ごとに担当の受付患者だけが表示されます

受付窓口にて患者ごとに診察医を選択することで、(診察室)診察医ごとに担当の受付患者だけがステータス画面に表示されます。
また診察済み・会計待ちの患者は自動で消込されますので、画面右下のステータスを確認するだけで現在の「診察待ち患者」や「検査待ち患者」など一目で確認できます。

AHISクラウドにご興味はございませんか?

機能やサービスの導入などに関するご質問などの他にも、
「出張デモをしてほしい」「概算でいいから見積りしてほしい」など
いつでもお気軽にお問合せください。