現在の受付ステータスが
一目で把握できます

ORCAの受付画面とリアルタイムに連携できます

受付患者のステータス(診察・投薬・検査・会計待ちなど)に応じて
色分け表示されますので、外来患者のリアルタイムな状況を瞬時に確認できます。

受付状況を利用することで
窓口業務を効率化できます

日医ORCAと相互に連携することで、(新患登録など)患者情報の連携はもとより、受付情報や診療行為(会計)などステータスに応じて自動的にデータがORCAに転送されます。
窓口の端末では[受付状況]を常時開いているだけで、患者ごとのステータスを確認できますので、例えば「診察中の方が何人いて、診察済み(会計待ち)の方が何人いる」といった確認が簡単にできます。

ポイント

受付登録も簡単です

受付は患者番号を入力するだけで簡単に登録できます。
新患の受付もORCAの患者情報をそのまま取り込みするだけで簡単に登録できます。

院内すべての端末で受付患者
ステータスを確認できます

受付状況は電子カルテのスムーズな運用を実現する上でキーとなる機能の一つになります。
電子カルテだと紙カルテの移動がなくなる反面、患者さんが今どこにいてどんな状態なのかの把握が難しくなります。
そのため受付状況では、各部門で外来患者の受け渡しを行うたびに受付ステータスが切り替わりますので、今現在の外来の状況を一目で確認することがぶきるようになります。

ポイント

デスクトップ通知にも対応

web標準のデスクトップ通知に対応することで、診察室で[診察済み]になった患者情報を窓口の端末に通知させることができます。
♪(アラート音)とともに画面右下に通知がポップアップするため、診察室と受付窓口のスマートな連携を実現します。
受付アラートのデモ動画

窓口で受付伝票を発行して
患者さんの確認に利用できます

窓口で受付伝票を発行することで、各部門間での患者さんの受け渡しや本人確認などさまざまな用途で利用できます。
伝票には患者基本情報をはじめ当日の診療科・担当医など一目で確認できます。

ポイント

受付登録時に自動で発行できます

[受付入力]の動作設定をしておくだけで、受付と同時に受付伝票が自動発行されます。

AHISクラウドにご興味はございませんか?

機能やサービスの導入などに関するご質問などの他にも、
「出張デモをしてほしい」「概算でいいから見積りしてほしい」など
いつでもお気軽にお問合せください。