電子カルテについて、
こんなことで悩んでいませんか?
”導入時の初期費用や年間の保守費用が高くて導入できない”
”電子カルテをクラウドにしてセキュリティは大丈夫?”
”導入しても院内のスタッフが使いこなせるか不安がある”
”医事会計は日医のORCAを使いたい”
”今使っているメーカーだとカスタマイズに対応してくれない”
AHISクラウドなら、
そんな悩みを今すぐ解決できます。
✓コストを削減する
クラウドなので月額サービスとして電子カルテを利用できるため運用コストを大幅に削減できます。
また院内にサーバーを設置する必要がないので初期費用と保守コストも削減できます。
従来までのクライアント・サーバー型システムと比較して、圧倒的な低コストでの導入・運用を実現致します。
今お使いの端末でそのまま利用できますので、電子カルテを利用するために端末を新しく購入する必要はありません。
月額サービスとして利用できます
従来までのシステムを「買う」というスタイルではなく、これからはシステムを「利用する」という新しいスタイルをご提案します。
院内にサーバーが不要
従来型のシステムだと院内にサーバーを設置するため高額な初期費用が必要でした。また専任の管理者がいないような環境だとサーバーを管理するのも大変です。
クラウドならそんな課題もすべて解決できます。
今お使いの端末を利用できます
通常ですとシステムを新しく導入する場合は、サーバーも含めて端末もすべてセットで導入しないといけない場合が多いと思います。
AHISなら今お使いの端末でそのまま利用できますので、導入コストが大幅に抑えられます。
✓セキュリティは万全です
西日本で最大規模の大規模データセンターに構築されたクラウド環境で稼働します。
災害にも強くセキュリティも万全なデータセンターで大切なデータを安全に管理いたします。
また、厚労省や総務省などが定める医療情報を取り扱うためのガイドラインに準拠する医療クラウドとして医療機関様にご提供いたします。
国内データセンターで稼働
AHISクラウドは、国内有数の規模を誇る大手データセンターである「IDCフロンティア」様が提供するクラウド基盤サービスで運用しています。
専用サーバーをご用意します
何よりも安全性に配慮して「AHISクラウド」では各医療機関様ごとに専用のサーバーをご用意いたします。
また24時間稼働が前提の病院向け電子カルテでは、安全性とともに安定稼働が最も重視されるためあえて運用コストのかかる専用サーバー方式を採用しています。
ガイドラインに準拠
厚労省が定める「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」および、総務省が定める「ASP・SaaS事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン」に準拠するASP・SaaS形式で(オーダリングシステムや電子カルテシステムなどの)医療情報システムを安全に利用するためのIT基盤を「AHISクラウドサービス」として医療機関様にご提供いたします。
✓日医ORCAとスムーズに連携
医事会計業務は「日医標準レセプト(ORCA)」または「日立DOCTOR-SEED」と連携して動作します。
日医ORCAとの連携は、新しく標準化されたAPI連携に対応して動作しますので非常にスムーズに連携できます。
また、日医のORCAクラウドサービスとの連携にも対応していますので、将来にわたり安心してお使い頂けます。
受付から会計までスムーズに連携
[患者情報][受付][外来会計][病名]といったデータ連携にも当然ながら対応していますので、受付から会計までの外来業務の流れを効率化します。
これまで必要だった診療行為データの手入力が不要になり、窓口業務の負担が大幅に軽減されます。
入院連携もスムーズに
[入退院][入院会計][食事]といった入院データ連携にも当然ながら対応しています。
病棟や医事課で登録された入退院(転室)データはすぐさまORCAに反映されます。
また、病棟で登録された入院カルテの診療データは、医事課で簡単にORCAと連携して会計データとして登録できます。
ORCAクラウドにも対応
従来のオンプレミス(サーバー院内設置)環境に加えて、ORCAクラウドにも対応できるようになりました。
ORCAにクラウドという選択肢ができたことで、従来に比べて導入運用コストを大幅に削減できるようになりました。
またORCAの新しい連携方式(API)にいち早く対応しているため、AHISは医療機関様のご要望に応じて柔軟に対応できます。
✓病棟の業務もサポート
入院業務を支援するさまざまな機能も標準で搭載しています。
病床管理はもとより検温管理やADL入力機能なども導入後すぐにお使い頂けます。
また入院業務では必須の指示簿、定期処方の入力や管理などにも対応しています。
入院状況も院内で一元管理
現在の入院状況を院内でリアルタイムに共有できます。
病棟ごとにベッドが一覧で表示され、ベッドの空き状況などが一目で把握できます。
また入退院の履歴なども一元管理できます。
検温管理も標準で
病棟の日々の業務で欠かせない検温データも一元管理できます。
病棟ごとにデータの一括入力も可能で一括印刷機能もあり、病棟業務の負担を軽減します。
指示簿や定期処方なども
入院患者の指示状況を一目で確認するための指示簿も標準で利用できます。
また定期処方も患者ごとに一元管理できます。
✓コミニュケーションツールとして
AHISでは院内ポータルをはじめとして、院内のコミニュケーションを支援するさまざまな機能を標準で搭載しています。
ログインしてまず最初に開く「院内ポータル」では、「院内のお知らせ」や「入院ステータス」などが一目で確認できます。
また「院内トーク」というSNS機能も標準で利用できますので、各部門間や特定のスタッフ同士のグループ間での連絡手段として利用できます。
院内ポータルから始まります
ログインすると必ず最初に表示されるのが「院内ポータル」です。
院内のお知らせを確認したり、自分宛のSNSメッセージを確認したり、カルテの確認依頼の通知など、さまざまな院内の情報が集約されて表示されます。
院内のお知らせを表示
院内のスタッフへの連絡事項などがある場合に、「お知らせ」機能を利用して院内ポータルに表示させることができます。
院内でのイベントの告知や申し送り事項など、AHISを通じて院内で情報を簡単に共有できるようになります。
院内トークで情報共有
AHISでは、院内で利用できるグループSNS機能として「院内トーク」を搭載しています。
あらかじめ登録されたグループ内での連絡や情報共有の手段として活用できます。
またメール通知機能もありますので、登録されたグループへの投稿はすぐさま確認することができます。
✓リハビリ業務もサポート
AHISでは病院向け電子カルテとして必須と思われるリハビリ業務を支援するさまざまな機能も標準で搭載しています。
入院患者のリハビリ予定からはじまり時間割や実施単位の入力など、リハビリ業務に欠かせないさまざまな機能を標準で搭載しています。
そのため別途リハビリ管理システムを導入する必要がなく、より低コストでのシステム運用が可能になります。
リハビリの予定を管理
主に入院患者のリハビリ予定を入力することで、毎日の実施単位入力と連携できますのでスタッフの負担を軽減できます。
また入力された予定は、時間割などとも連携しますので、患者やリハ担当者ごとに日々の予定が簡単に確認できるようになります。
時間割で予定を確認
リハビリの時間割を管理することができます。
時間割はリハビリ部門だけではなく病棟など院内で共有することができます。
実施単位の入力も簡単
毎日のリハビリ単位の入力も予定や時間割と連携するので、担当者ごとに簡単に一括入力できます。
またリハビリ部門で入力された実施単位は、医事会計と連携するため医事課の負担が軽減されます。
✓ざまざまな機器と連携します
医事会計を始めとしたさまざまな機器や各部門システムと相互に連携します。
医事会計では日医ORCAや日立DOCTOR-SEEDなどと連携します。
その他にPACS(画像診断システム)・臨床検査システム・看護支援システム・分包管理システムなど各部門で稼働するシステムとも連携します。
また検査を外注されている場合など外部の検査センター様とのデータ連携などにも対応しています。
日医ORCAとスムーズに連携
日医標準レセプト(ORCA)」とは専用の連携APIを利用して接続するため非常にスムーズに連携することができます。
また「ORCAクラウド」にも対応していますので、より低コストで電子カルテと医事会計を運用できます。
部門連携も充実しています
PACSとの画像ビューワ連携はもとより臨床検査システムや看護支援システムなどとの接続実績もあります。
今お使いの部門システムが未対応のシステムだった場合でも、導入前にご相談頂ければカスタマイズにて柔軟に対応させていただきます。
外注検査センターにも対応
検査を外注されている場合でも、依頼先の検査センター様の仕様に合わせて連携できます。
検査結果データの連携はもとより、検査の依頼まで連携できますので、完全ペーパーレスで外注検査データを管理できるようになります。
連携サービスを利用することで院内業務を効率化します。
AHIS
PACS(画像管理システム)
I-PACS シリーズ
ドクターPACS
PrismPacs
臨床検査システム
「臨床検査システム ADeSSo」
「臨床検査システム GMES」
薬剤部門システム
全自動分包機
連動型写真付薬剤情報印刷システム
その他
看護支援システム
心電計(検査データ管理)
※その他にも現在お使いの各部門システムと連携することができます。
AHIS導入による
実際の効果
転記ミスがなくなり
医事課の負担が軽減されました
医療法人松徳会 花の丘病院