病棟ごとの入院状況も
一目で把握できます

入退院情報などもORCAと自動で連携します

各病棟ごとの入院状況を一元管理でき、
入院や退院だけでなく転室の履歴なども管理できます。

入院状況

入院状況を利用することで
病棟業務を効率化できます

電子カルテで入院患者を一元管理することで、病棟ごとの入院患者や空床数など一目で確認でき、各部門間でリアルタイムに情報を共有できるようになります。
例えば一般的に入院登録は医事課もしくは外来で行い、入院後の転棟・転室や退院登録などは病棟で行うといった運用でも、登録されたデータは一元管理されているため院内すべての端末で共有できます。

ポイント

入院登録も簡単です

空きベッドを選択して患者番号を入力するだけで簡単に登録できます。
入院患者ごとにコメントなども設定できますので、注意事項など院内での情報共有に利用できます。

ポイント

転棟・転室も簡単です

病室の転室ボタンをクリックして移動先の病室を選択するだけで完了します。
病棟の日々の業務負担を軽減でき、また院内すべての端末でリアルタイムに情報共有することができます。
転室デモ動画

入退院データの履歴管理や
予約管理にも対応しています

入退院や転棟・転室などの履歴管理にも対応しており、また入退院患者・入院待ち患者の予約も簡単に登録できます。
例えば病棟で退院・転室などの登録をされた場合でも、後から医事課で「誰がいつ退院したのか?」といった履歴を簡単に確認することができます。

ポイント

入退院履歴はいつでも確認できます

入院履歴の確認もワンクリックで簡単に確認できます。病棟別の入院履歴のみといった条件での絞り込みも簡単です。
入院履歴の操作デモ

AHISクラウドにご興味はございませんか?

機能やサービスの導入などに関するご質問などの他にも、
「出張デモをしてほしい」「概算でいいから見積りしてほしい」など
いつでもお気軽にお問合せください。