医療法人松徳会 花の丘病院様

AHISを「オーダリングシステム」として活用されています。
医療法人松徳会 花の丘病院
所在地  三重県松阪市
診療科  内科・婦人科・リハビリテーション科
病床数  全96床(回復期リハ病棟 45床、療養病棟 51床)
端末数  35台構成
医事会計 日立ヘルスケアシステムズ DOCTOR-SEED
TOPICS
✓開院当初から弊社システムを採用頂いています。
✓日立製の医事会計とのスムーズな連携を実現することで
 医事課の事務負担を大幅に軽減しています。
✓リハビリ業務の支援機能が標準搭載されています。
✓クラウドなので低コストで導入・運用できています。
構成概要
病院の開院当初から弊社の旧オーダリングシステム(エイトスオーダー)をご利用頂いている大切なユーザー様になります。
全体のシステム構成は「AHIS」を中心として、医事会計システムやPACSにはじまり薬剤情報システムなどと連携して運用されています。
コストパフォーマンスで「AHIS」の導入を選択しました
AHISは医事会計システムが分離されているため、開院当初から利用している日立製DOCTOR-SEEDがそのまま継続して利用できるという点で、初期導入や運用に係わる負担が少ないのがメリットだと思います。
また、他社製の電子カルテやオーダリングシステムと比較して低コストで導入できることが魅力であり、カスタマイズにもある程度柔軟に対応していただけることが選択の理由です。
実際に運用していく中で、医師を始めとして各部門からの要望などが上がった場合にも、その都度に可能なかぎり対応して頂いています。
医事会計一体式の他社製システムと比較しても、法改正時等にかかる負担も少なく導入後のランニングコストも抑えられます。
より自院の仕様にあった形で運用できるのではないでしょうか。
医事課課長 寺口氏
業務の効率化に大きく貢献しています
処方箋など各指示箋の記入作業や、伝票の搬送・転記などが不要になり、オーダーに伴う院内のあらゆる業務効率の向上が期待できます。
また、当院では平成19年6月より回復期リハビリテーション病棟がスタートして以降リハビリテーション科を新設するなどリハビリ部門を拡充しています。
そのためリハビリ部門の業務支援システムが必須なのですが、その点でも「AHIS」に標準で組み込まれているリハビリ支援機能を利用することで、リハビリ部門と医事課を始めとする各部門との連携もスムーズに実現いたしました。
医事会計においては請求業務が非常にスムーズになりました。
リハビリテーション科
今後について
将来的には電子カルテへの発展が考えられますが、このオーダリングシステムの機能をより活かすことができればそれに近い運用ができるのではないでしょうか。